SERVICE チーム合意形成ツール「インセプションデッキ」研修

商品・サービス

チーム合意形成ツール「インセプションデッキ」研修

インセプションデッキは、プロジェクトのWhy/What/Howをチーム内で明確にし合意形成する、いわばPMBOKの「プロジェクト憲章」を軽量化したツールです。演習を通してこの作成方法を習得します。

サービス概要

プロジェクトにかかわる関係者全員が、プロジェクトの目的や価値、問題点などを共通認識として持つための「インセプションデッキ」の書き方を半日でご紹介します。

研修は、集合とリモートのどちらでも対応可能です。
1社向け研修も対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

サービスの内容

学習内容

「インセプションデッキの10個の手ごわい質問と課題」をチームで明確にする演習を行います。

◆あるべき姿(What)

  1. ①我々はなぜここにいるのか?( PJ立ち上げの目的 )
  2. ②エレベータピッチを作る( PJをシンプルに伝える )
  3. ③パッケージデザインを作る( ユーザ視点になる )
  4. ④やることやらないことリストを作る( スコープ確認 )
  5. ⑤「ご近所さん」を探せ( 調整すべき相手とは? )

◆あるべき姿の実現に必要なものや考慮(How)

  1. ⑥解決案を描く( 今ある課題と対応策 )
  2. ⑦夜も眠れない問題?( 抱えるリスクを共有 )
  3. ⑧期間を見極める( スケジューリング )
  4. ⑨何を諦めるか( 優先順位付け )
  5. ⑩何がどれだけ必要なのか?( 必要なリソース )

対象者

  • プロジェクトにかかわるすべての方(どんなプロジェクトでも可能)。

開催内容

  • 0.5日間(3時間)の研修です。
  • オフライン・オンライン研修にも対応しています。
  • 受講料2万円/人
  • 複数名での受講が可能です。

受講者の声

  • チーム全員でプロジェクトの方向性を決めるため、メンバーそれぞれがプロジェクトを自分事に考えるようになる魔法のツールだと感じた。
  • どんなプロジェクトでも活用ができるため、早速自分のプロジェクトに取り入れたい。
  • 「やること」だけでなく「やらないこと」も洗い出すことでスコープが明確化できるのが開発者としてとても安心。
  • 開発時のふりかえり基準として有効に使えると思った。

関連カタログ ダウンロード

  • お問い合わせ

    資料請求、見積依頼など、
    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ
  • 資料ダウンロード

    無料でダウンロード可能なお役立ち資料をご紹介いたします。
    ぜひ一度ご覧ください。

    資料ダウンロード